人気チーズ

ここでは皆さんがよく知っている定番のチーズを紹介していきます。

フレッシュ

熟成させずに水分を多く含んだ新鮮なチーズの事をフレッシュタイプといいます。
ヨーグルトのように瑞々しく、さわやかな酸味を感じることが出来るのが特徴です。
あっさりとしたものや、濃厚なクリームのようなもの、ケーキのようなものまで様々
ミルク本来の甘みと新鮮さを充分に感じる事の出来るチーズです。

モッツァレラ

mozzarella
豆腐のように水に浸した状態で販売されている、
牛の乳から作られたフレッシュタイプのチーズです。
トマトとバジルを合わせたカプレーゼでお馴染みですね。
もちもちとした食感とほんのりとした酸味、
ミルクの甘い香りが絶妙にマッチした人気のチーズです。

白カビ

表面を真っ白なカビに覆われている柔らかいチーズを白カビタイプといいます。
表皮に白カビを植え付けているため周りの生地は柔らかくミルクの濃厚な味わいを感じる事の出来るチーズです。

カマンベール

camembert
チーズの女王と呼ばれている有名なチーズです。
コクと旨みがあって、赤ワインとよく合い、料理にもよく使われています。
殺菌して熟成が進まないようにしたパック入りや缶入りの物も最近ではよく見かけますね。
日常的なチーズにもオススメですが、ギフトとしても喜ばれるチーズです。
大き過ぎず小さ過ぎないちょうど良いサイズがとても素敵です。

青カビ

チーズ生地の中に青カビが入り込んだタイプでブルーチーズとも呼ばれています。
ピリッとした刺激と独特の風味が特徴で、塩気がやや強いタイプですが
中にはマイルドな優しい味わいのものもあります。

ゴルゴンゾーラ

bluecheese
ゴルゴンゾーラには辛口タイプのピカンテと呼ばれるものと
甘口タイプのドルチェと呼ばれるものの2種類があります。
ピカンテ(辛口タイプ)はドルチェ(甘口タイプ)に比べて青カビの量が
多いですが、比較的マイルドでクリーミーな塩気が特徴です。
フランスのロックフォール、イギリスのスティルトンと並んで
イタリアを代表する世界3大ブルーチーズの一つに数えられています。

シェブール

山羊の乳で作られたチーズの事を言います。
サイズは小さく白い色をしたものが多く、酸味を感じる事の出来るタイプのチーズです。
未熟成のうちは瑞々しくさわやかな酸味がありますが、
熟成が進むにつれて味わいとコクを感じられるようになり、生地も締まって硬くなります。
熟成の進み具合によって異なる味わいを楽しむことのできる面白いチーズです。

フロレットシェーブル

goatmilk
山羊乳特有の甘い香りとさっぱりしつつも
濃厚でコクのある味わいを楽しむことが出来ます。
カマンベールのように柔らかく口当たりのいい食べやすいチーズです。
熟成が進むととろとろに柔らかくなるので好みの熟成段階で
楽しめるのも特徴の一つですね。

ウォッシュ

チーズの表面を水やワインなどで洗ってから熟成させることからウォッシュ(洗う)タイプと呼ばれています。
表面は独特の香りや粘りがあり個性的なチーズも多いタイプですが、
洗う回数が多いほど味わいや風味が強くなり、複雑で個性的な味わいとなっています。

エポワス

wash
表面はしっとりしていてつやのある綺麗なオレンジ色で張りがあります。
これは熟成中に”マール・ド・ブルゴーニュ”という蒸留酒で洗うことで陶器のような滑らかな表面が作られるのです。
また表皮のオレンジ色は熟成中に菌が作る色素の色なので自然の色です。
中身はとても柔らかく完熟したものはスプーンですくって食べられるほどになります。

セミハード

固めたミルクに圧力をかけて水分を抜き、硬めに作られたチーズハードチーズと言います。
山岳地帯の保存食としていたため、長期保存が可能なタイプのチーズです。
旨み成分のアミノ酸が多く含まれており、ミルクの風味とコクを存分に楽しめチーズの美味しさを奥深く楽しむことの出来るチーズです。

ゴーダ

goda
オランダで生産されるチーズの60%以上を占めているチーズです。
ゴーダチーズという名前は一度はどこかで耳にしたことがあるのではないかと思います。
穏やかな味わいでクセがなくとても食べやすいチーズなので
苦手な人にも抵抗なく美味しく食べられるチーズの一つです。
ミルキーな美味しさをぜひ味わってみてください。

ハード

セミハードよりももっと水分を少なくした、大きくて重量のあるチーズです。
1個約20kgから重いもので130kgもあります。
セミハードタイプのチーズよりも熟成期間が長く、じっくりと寝かせる為
非常に硬く、濃厚な旨みのあるチーズです。

パルミジャーノ・レッジャーノ

Parmigiano
イタリアを代表する「チーズの王様」と呼ばれる人気のハードチーズです。
長期熟成による凝縮した旨みとコクがパルミジャーノ・レッジャーノの美味しさのヒミツ
一般的な熟成期間も12か月~36か月という長さ。
職人芸によって品質を守られ手間のかかる作業を経てやっと作られる
とても貴重なチーズです。