チーズといえばやっぱりワイン

チーズの専門店!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



チーズと共に楽しむお酒といえば真っ先にワインを浮かべる人も多いはず
ですが、どのチーズにどのワインを合わせればいいかと問われると
どちらも種類が多すぎて困ります。

そこで、チーズとワインの相性を7つのチーズのタイプ別に分類してみました。
もちろん、好みもありますので参考にしてみてください。

5つのポイント

これさえ覚えておけば外すことはないであろうポイントがあるので
ご紹介します。

1.同じ原産地のものを選ぶ

一緒に味わうチーズとワインですから、同じ原産地のもの
もしくは近い地方のものを合わせるのがポイントです。

2.赤ワインが良く合います

チーズの種類によっては他のものが合うかもしれませんが、どちらかといえば
赤ワインの方がチーズに合わせやすいといわれています。

3.銘醸ワインに過熟なチーズは避けましょう

デリケートな香りを持つ銘醸ワインには、その香りを損なわないようなチーズを選んだ方が良いでしょう。
過熟なチーズはもちろん、あまり強い匂いのチーズではワインと合いません。

4.塩味の強いチーズには酸味のあるワインを選びましょう

青カビタイプのチーズのように塩味の強いチーズには酸味のあるワインや甘口のワインが
その塩味をまろやかにしてくれます。

5.脂肪の高いチーズには渋みのあるワインを合わせましょう

乳脂肪分の高いチーズには、渋みのある赤ワインがおすすめ。
クリーミーな味わいのチーズを赤ワインより一層引き立ててくれます。
 

7つのチーズタイプ別オススメワイン

フレッシュタイプには

win-000038__200_M
プレーンタイプのチーズ
→辛口かつフルーティな味わいの白ワイン
香辛料のついているチーズ
→軽めの赤ワイン、プロヴァンスロゼ
※赤ワイン”

白カビタイプには

win-000064__200_M
熟成が進んでいないもの、脂肪分が高めのもの
→軽めの赤ワイン、辛口かつ軽めの白ワイン
ある程度熟成が進んでいるもの
→フルーティな味わいの赤ワイン
完熟しているもの
→コクのある赤ワイン
※赤ワイン”

青カビタイプには

win-000041__200_M
スタンダードな青カビのチーズ
→コクのある赤ワイン、甘口の白ワイン
脂肪分の高いソフトなチーズ
→軽めの赤ワイン、ポートワイン
※赤ワイン”

ウォッシュタイプには

win-000080__200_M
→コクのある赤ワイン、コクのある白ワイン
※白ワイン

シェーブルタイプには

win-000018__200_M
→軽めの赤ワイン、辛口かつフルーティな味わいの白ワイン
※白ワイン

セミハードタイプには

win-000060__200_M
→軽めの赤ワイン、辛口の白ワイン
※白ワイン

ハードタイプには

win-000059__200_M
→辛口の白ワイン
よく熟成したチーズ
→コクのある赤ワイン
※白ワイン

チーズの専門店!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓